銀河サーモン大物ランキング戦と上限金額設定

通年イベントとして銀河サーモン大物ランキング戦を開始致します。銀河サーモンキング480

ニジマス(大)池の2kg以上の魚を釣ったお客様をランキングしていき

2016年度営業終了時に1位だったお客様が優勝、キングというイベントです。

1465186894200_1

つりぼり食事処入口に現在のランキングを掲示してありますので、ご来場の際よろしければ見てみてくださいね。

<ニジマス(大)池の1匹あたり上限設定について>

上記通年イベントに関連しますがニジマス(大)池で釣った魚は1匹あたりの上限金額というものを設定致しました。

大雪つりぼりでのエサ釣りはご存じの通り、釣り逃がし禁止で一度釣った魚はその重量により必ずお買い上げいただいて、食べていくか持ち帰るかとさせていただいております。

ニジマス(大)の池の魚はほとんどが1kg~1.5kgくらいですが稀にドラえもんのジャイアン的な魚(おまえのエサはおれのもの、おれのエサもおれのもの)がいて、撒いたエサを片っ端から食べてどんどん巨大化していく魚がいるんです。

そういった魚の重量は約3kg以上になることも。

3kgくらいだと金額も結構になります。

大雪つりぼりはお子様が多いのでこういった大物をお子様が釣ると

お子様は「やったーおおき~い!」と大喜び、親御様は「おおき・・す・・ぎ」とテンションが下がるご家族をよく見かけました。

なかでも私の心に響いたのが

お子様が大物ニジマスを釣った後、お会計時にお母さまから「あんた今日から晩御飯たくわんだけね。」と無慈悲な宣告を受けていたのと

こちらもお子様が大物ニジマスを釣った後、お会計金額を知ってため息をつくお母さんに逆にお子様が「まあ、今日からまた頑張って働けばいいじゃん!」と無責任な励ましをしていた

のを見てわたくし3代目は「これはちょっと考えなければいけないな」と思い

結果、”一匹当たりにいただく上限kgを2kg”とすることに致しました。

3kgの魚でも4kgの魚でもいただく金額は2kgの金額と致します。調理代も2kg上限です。

2kg以上だとランキング戦参加の可能性もありますし、おいしいニジマス(大)池の銀河サーモンを少しでも気持ちよく釣っていただきたいと思います。

そしてお子様が大物を釣ってもどうぞ怒らないであげてください(笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ