お祭りですよ

さて早いもので今年も2月が終わろうとしています。

我が大雪漁業は今年二つのお祭りに出店しております。

①上川町氷瀑まつり

1月~2月の土日のみ

27655286_1692758500762295_7988391542115563483_n

②旭川市冬まつり

2月7日~12日

27654934_1697726116932200_4398798724616302974_n

両祭りとも前面に押し出しているのは

魚・・・・ではなく、わたあめ?

氷瀑まつりの新メニュー渾身の「銀河サーモン漬け丼」が全然売れず

急きょ、思いついた

祭り→子供→わたあめ という非常に安易な三段発想。

もはや川魚とまったく関係なし(笑)

しかし無理やりのこじ付けが得意なわたくし三代目は今回も考えました。

まずは

「銀河サーモン”色”のわたあめ」

wataamehannbun

虹鱒の側面模様を表したわたあめです。

gatag-00000137

色合いが似てますね~?

お次は「大雪山わたあめ」

DSC_0160-1548x2752

雄大な大雪山を無理やりイメージしたわたあめです。

そして調子に乗って企画した商品がこちら

「大雪山の向こう側、超巨大わたあめ」

DSC_0164-774x1376

27655166_1701154099922735_525877701013869407_n

DSC_0178-774x1376

これ持って歩いてたら超目立ちまくりの一品です。

この巨大わたあめの食べ終わった巨大芯棒を

ゴミ分別回収のおじさんに渡したら

「なんの商品のゴミだこれはいったい・・・・。」

と疑惑の顔をされたという方々で話題性のある商品です。

わたあめ自体の売上は微妙な感じですが

なにより、お子さんのわたあめを受け取ったときの

「わぁ~~」

というあの笑顔がたまらなく嬉しく

わたあめやってよかったなぁ~と思いました。

あと、

「わたあめ食べた~い!」

というお子さんにお母さんが

「帰りね!帰り買ってあげるから!」

と言ってそのまま戻ってこなかったところを察すると

”とりあえずその場を凌いでわたあめの事を帰りまでに忘れさせる作戦”

が成功したんだなぁ、なかなか策士なお母さんだと思いました。

※上川町氷瀑まつりは「銀河サーモン色のわたあめ」のみの出品です。

※大雪漁業は川魚の養殖販売業者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加